治療法を選択する際の考え方の1つ

治療の提案は主治医がするもの

これは疑いようのない事実ですよね。

 

治療の目的は病気を治すことなので

その時、病気が治る確率が一番高いと思われる治療法』を

主治医が提案してくれているはずです。

 

ところで

病院によって治療法の提案が違った」という経験はありませんか?

 

病院、ドクターごとに違いはそんなにないと言う人もいますが

治療法は主治医が提案するものなので

ドクターの知識や経験によって治療方法が異なるのは

実は普通によくある話。

私が知る限りは手術とか放射線治療とか、薬剤治療とか、

どれを選択するかの時点で違いがあるケースも少なくないです。

 

だから治療法は人任せにしないで自分が納得していることが大切。

 

決断が正解だったかどうかが分かるのは

治療が終わって何年も経ってから

その時点では元に戻れないので

正解ってなんだっけ?って感じです。

 

 

私が治療法を選択する際の考え方の1つを紹介します。

 

【治療の成功率の逆は失敗率、絶対はない】

治療成功率が70%といわれると、「まさか私は失敗しないだろう」と安心するのではなく

この数字の読み方は30%失敗する可能性がある。と読みます。

 

治療によって得られる効果と、30%失敗するかもしれないという情報を天秤にかけて

たとえリスクがあっても、効果を得たいと思う場合にのみその治療を選択します。

 

失敗が「死」を連想させる場合はより選択が難しくなり

治療効果があったとしても、日常生活に影響が出る場合もあるので

まずは自分なりの「成功」と「失敗」の境界線を明確にします。

 

後遺症はどうか、再発率はどうか、服薬はどうか、治療費はどうか。

 

治療をしたい、したくないを主治医に聞いても答えてくれませんが

具体的に質問することで、たいていのドクターは答えてくれます。

 

ここまで1人で頭の中を整理するのは簡単ではないので

健康サポーターとして、皆さんが決断をするまでの頭の整理を一緒にお手伝いしています。

 

治療がうまくいくかも大切ですが

もっと大切なのは本人が納得していること。

納得していれば無治療も正しい選択しの1つです。

 

健康サポーターへのご相談がHPからご連絡ください。

http://kenko-supporter.com/