知っておきたい事実と真実の違い

何気なく使っている「事実」と「真実」。

意識して使い分けをしている人はあまりいませんが、違いを知っていると余計なことに頭を使わなくてもよくなります。私の「事実」と「真実」の使い分けは最近のニュースを引用するとこんな感じ。

ある人が「セクハラ発言された、録音だってある」

相手方は「セクハラ発言があったかどうかわからない」

どっちかが嘘をついているのかは私たちには分からないですよね。

大体わかりますが(笑)

セクハラ発言があったか、なかったという真実は1つ、セクハラをしたかどうかの意見が食い違っている、人によって認識が違うものが事実。どっちが事実かどうかを追い求めるのことに意味はなくて、事実が人によって異なることを受け入れるか、真実を追求するのがあるべき姿です。

名探偵コナン君でも「真実はいつも1つ」って決め台詞がありましたね~

 

病気になったことを例にすると、病気になったという「真実」があって、どう頑張ってもその真実を変えることはできません。でも、その真実を自分がどう受け止めて「事実」とするのかは自分で決めることができます。

一般的に思われているように、「病気になった人は苦しそう、人生に絶望してそう、死んでしまいそう」。それを事実と受け止めるなら、事実通りに人生を送ることができます。

一方で、「病気でも自分らしく生きたい、病気のおかげでやりたいことに出会えた、病気大好き」。こうやって病気を事実ととらえて、笑顔で毎日を送っている人もたくさんいます。

大切なのはどっちが正しいということはなくて、あなたが選択したのであればどちらも正解ということ。時期によっても「事実」は変わってよいものです。

選択に無理がなければ、今のあなたにとってそれが「事実」です。

 

「事実」を見つめ直すのは自分の考え方、生き方が大きく影響するので、自分1人で方向性を変えるのはちょっと難しいものです。きっかけ次第なんですけどね。

健康サポーターは対話を通じて相談者様が自分と向き合うお手伝いをしています。あなたの生き方が変わるきっかけになれるように頑張っております!