これからの医療を変える取り組み

健康サポーターJAPANは医療ドリームプラン・プレゼンテーションの運営に関わっています。

医療ドリームプラン・プレゼンテーション、通称医療ドリプラは、医療の専門家が10分間という限られた時間の中で自分の夢、諦められない理由をステージの上でプレゼンするイベントです。そこには普段の診療の中で語られることのない医療に対する熱い想いや、専門家だからこそ感じるジレンマ、そこから生まれる目指したい夢が語られます。

健康サポーターとして患者さんをサポートする時、「なぜあなたに私のサポートをしてくれるの?」、医療の専門家ではない私がサポートに入らせていただく動機付けがとても重要と感じ、多くの医療者の方に会いに行きました。実際に医療者の方の話を聞いてみると、まず感じるのはすべての人が熱い想いをもって患者さんと接している!!患者としてドクターと話をすると不満に感じることもありますが、ドクターの態度の裏にはふか~い愛情が隠れています。隠れすぎている先生もいますが(笑)

話を聞いている内に皆さんのことが大好きになり、想いを大勢の人にも知ってほしいと思い立ったことから、実行委員長として医療ドリプラに関わらせてもらっています。

医療ドリプラに対する私と実行委員のメンバーの想いです。

----

医療には様々な制約があります。
その中で働く医療者の皆さんは、常に患者さんの命と向き合い、熱い情熱をもって私たちと向き合っています。そんな本当の姿を知ってしまった私はすべての医療者の皆さんを尊敬しているし、何より大好きです。

「医療者の皆さんの想いをたくさんの人に知ってもらいたい!」

これからの医療を変えていくのは医療の専門家や、偉い人が決めたルールだけではありません。私たち一般の人も医療のことを知り、専門家と一緒になって正解を模索した先に、医療の新しい流れが生まれます。

私たちは医療ドリプラがこれからの医療が変わるスタート地点になると信じています。医療ドリプラが医療を変えるのではなく、医療ドリプラに参加してくれた皆さんと一緒にこれからの医療のあり方を考え、一緒に医療を変えていきたい。それが実行委員長のメッシーと実行委員の想いです。

----

「医療に関わるすべての人の笑顔のために」、
健康サポーターJAPANは医療に関わるすべての人の想いをつなぎます。

6/21に開催した大説明会の様子です。