病気の悩みを人に相談すると救われるわけ

「病気の悩みを人に話すと気持ちが楽になるので、できるだけ人に相談しましょう」

こんな言葉をよく見聞きしますが、なんで気持ちが楽になるのか、どうして相談することが良いのかの理由まで説明されることはめったにありません。そもそも、病気に関わらず本気の悩みなら誰にも話したくないと思うのが本音、他の人に裸を見られるみたいで恥ずかしいですよね。

 

必要なのはアドバイスではない!?

相談者が必要としているのはアドバイスではありません。

アドバイスは発言する人の立場で、相談者のためになると判断して発せられる言葉。

相談者のためになる言葉もあれば、逆に相談者を悩ませる言葉にもなります。

私が肺がんの治療前に相談した際にもらったアドバイスは、

・もう少し検査をしてから手術を判断した方が良いのでは

・〇〇の治療法もあるよ

・治験は参加しない方が良いと思うよ

治療方法で悩んでいる私の頭の中は何を選択したらよいか分からず大混乱。私のことを思ってくれたアドバイスなので、すべてを無視するわけにもいかず、周囲に対して申し訳ない気持ちでいっぱいの毎日でした。

残念ながら周囲からもらったアドバイスでは私の心は救われませんでした。

 

 

大切なのは頭で知ることではなく体験すること

人に相談する本当の価値は情報を頭の中にインプットすることではなく、相談を聞いてくれる人の体験を自分に置き換えて味わうこと。他人の立場で発せられた言葉を理解するのではなく、自分の目で見て、耳で聞いた言葉の中から自分が良いと思うことだけを選択して、「私もああなりたい」と自分の心で実際に体感することが大切です。

肺がんの治療のことを家族に相談できずに悩む私にとって、一番の気づきは夫婦でがんと向き合う先輩患者の姿を目にしたときでした。

夫の心配をかけたくないと話す妻、

妻の気持ちを最優先にして、すべてを受け入れる夫、

話をしながらお互いに涙を流す姿を見て、「先輩夫婦のように妻と病気と向き合いたい」と初めて気付くことができ、その日を境に妻と一緒に病気と向き合えるようになりました。

自分で気が付くことによってのみ、行動を変えることができます。

 

人とは違うことはお忘れなく

人の生き方からヒントを得られますが、同じ道を選択しても同じ結果が得られるとは限りません。病気は人生そのもののと表現されることがありますが、まさにその通り。何が正解か分からないと表現することもできるし、やり方が何種類もあると表現することもできます。

人の体験を聞いたら、主人公を自分に置き換えて、自分の行動を妄想してみましょう。

 

病気の悩みを人に相談すると救われる理由は、自分で「ああなりたい」というきっかけに出会うチャンスがあるからです。もし何かを変えたいと思うなら、同じ悩みを持つ人の集まりに参加をしてみることをお勧めします。例え1言も言葉を話さなくても、自分を変える最初の1歩を踏み出したと感じることができるはずです。

健康サポーターは、相談者が自分の気づきを得て行動を自発的に変えるサポートをしています。