体と心のバランスを取るには

 

体と心のバランスを崩すと体がヘルプのサインを送ってきます。

 

体のサインは頭痛、下痢、めまい、動悸などなど、

特定の生活をすると、いつも同じ症状がやってきます。

人によって違いますが、思い当たる節はみんなあると思います。

 

このサインを無視し続けると、ちょっと深刻な病気に出会ったりします。

 

とは言っても、大人は仕事にプライベートに家庭に忙しいので、

忙しい毎日スタイルを変えることは難しい...って思っちゃいますよね。

 

そんな方にお勧めな考え方は、忙しい周期を長期スパンで考えること。

 

体や心がバランスを崩すのは、ある一瞬に原因があるのではなく、

必ず同じ状況を長期間繰り返すことで起こるもの。

特定の何かを数回食べただけで病気になったりはしません。

 

だから自分の体調と相談して、

どんな生活をどれぐらい続けると、

どんな感じで体調を崩すのかを振り返って、

体調を崩す前にしっかりスイッチをOFFにする!

 

自分がいないと回らないと思っている作業でも

自分がいなくても以外と回ったりするもので、

「自分が」と思っているのは、自分の勘違いだったりするものです。

 

責任放棄ではなく、前向きな休息ってやつです。

 

長期スパンの考えて方は、改めて考えると抵抗がありますが、

普段から皆さんやっていることなんですよ~

 

「最近、仕事が忙しくて家族を遊びに連れて行けてないから、

今度の休みに旅行に行くんだ」

 

毎日ではなく、たまのOFFがあるか家族も、自分の心も体も喜ぶ!

スイッチのON/OFFを意識するだけで、

生活のメリハリができて毎日が生きやすくなります。